「エントリポイントが見つかりません」の修正方法

 

syncios entry point not found

お使っているsyncios が“The procedure entry point xmlTextReaderConstName could not be located in the dynamic link library libxml2.dll.”というエラが発生されてしまった。あるいはこれと似ている問題であれば、この記事をご参考ください。

実は、この問題に発せされた場合が少ないです。synciosが始動するたびに、さまざまなApple関連のバックグラウンドユーティリティを起動され、そうすると、上記のエラーを発生しやすいです。アップルのインストーラが大変だと思っております。このユーティリティはデータベースからいくつかの情報をロードしようと、しかし、正しいバージョンのDLLファイルを見つけることができません...

どうしょうかな?いい方法がありますか?はい、手動的に当ファイルを適切な場所に置くだけで、そのエラーを修正できます。下記の手順に従って、気軽に解決でき!

問題を解決するには、* .dllファイルをあるディレクトリから別のディレクトリに移動する必要があります。

ステップ1: Windowsエクスプローラを開き、最初のフォルダを開き: C:>Program Files>Common Files>Apple>Apple Application Support

ご注意:もしお使っているパソコンが64-bit Windowsの場合、C:>Program Files (x86) を開いてください。

 

Open up apple folder

ステップ 2: そのフォルダの中に入ったら、libxml2.dll とWTF.dll、 libxml3.dll、WebKit.dllなどファイルを見つかり、Ctrl+C あるいは右クリックしてそれらのファイルをコピーします。

Copy dll file

ステップ 3: 次は、Synciosのインストールフォルダに切り替えてください。最初はインストールパスーを変更しなかったら、C:>Program Files > Syncios です。

ご注意:もしお使っているパソコンが64-bit Windowsの場合、C:>Program Files (x86) を開いてください。

ステップ 4: ファイルをSynciosフォルダに貼り付けます(UACプロンプトを受け入れる必要があります)。そうすると、問題が解決するかもしれありません。

syncios をどうぞご体験してください:

Syncios Ultimate Windows 版をダウンロード  Syncios Mac 版をダウンロード


上記の対処方法で、問題が解決されない場合、お気軽に弊社のサポートチーム までご連絡ください。